慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

早起き

わたしの部屋は2階の南向きにある。北が出入り口になっていて、東西南には大きな窓がある。大きな部屋でなく、6畳間である。

実はここ3週間早起きに悩まされている。なぜか朝の4時台に目が覚める。夜は21時に就寝で、これは守っている。というより、21時以降は眠たくて起きていられない。

4時台に目が覚めたあと、眠気がないのを確認して、朝食をとる。そして朝の薬を服用する。問題はこのあとである。机に向かってPCを立ち上げようとすると、強烈な睡魔を感じる。

結局布団に逆戻りで、起きて動けるようになるのは、朝の8時以降である。通常二度寝するのは気持ちいいものだが、わたしの場合は疲れてくたくたになる。

考えられる原因は、東から差し込む朝日。そして眠るだけの体力がないことだ。CFS患者は、身体を休めても、眠っても疲れが取れない。わたしの場合、病気が発現したあとは、トイレに立つのさえ苦しかった。運動して疲れをゆったり楽しむという、心地よいものではない。

わたしとしては朝6時ごろに起きるのがベストなのだが、なかなかうまくいかない。寝過ごすというのであれば、目覚まし時計を使えば良いが、寝過ごすはるか前に目が覚めて、二度寝して寝過ごすとしたら、どうすればよいだろうか。

今朝も寝過ごしたが、朝食をとって眠くなったのであろうか。現在服用している薬の中には眠気を誘う薬はない。目覚まし時計は6時にセットしてあるが、気づかず寝過ごす。なかなかうまくいかない。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 18:40:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<通院 | ホーム | クラシック>>

コメント

はじめまして。
軽いですが、CFSです。
私の場合、ありがたいことに睡眠障害はあまりないのですが、
障害を起こさないために、アイマスクと必要な場合耳栓をして寝ています。
アイマスクは、寝室の外に街灯があり、遮光カーテンなのに真っ暗にならないためです。
耳栓は、外の道路の人の声や犬の鳴き声、虫の声がうるさい時にしています。

私は徐々に発病したり、痛みは上半身に集中していることなど違いますが、
記事を拝見していると共感する部分が多く、参考にさせていただいています。
  1. 2010/10/11(月) 14:41:28 |
  2. URL |
  3. すう #QFDkgGVQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spinozafj.blog134.fc2.com/tb.php/8-d0375c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。