慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愚痴はストレスがたまる

「お母さん! 先生! 誰でもいいから助けてくれ!」。心の中で叫ぶ。

夕食後、布団に張りついたまま動けず、布団に沈み込む。毎晩毎晩、もういや、というほどひどくて辛い疲労感。くたくたでTVを観る元気もない。寝返りするのも辛い。

正月、松の内が終わってから、夕食後に強い疲労感に襲われるようになった。毎度毎度の疲れなので驚きはしないが、それでも辛い。何か原因があるのだろうと、活動記録を見てみるが思い当たることはない。買い物を週2回まで減らしたが、効果がない。

先日、夕食後に「誰か助けてくれ!」とまた心の中で叫んでいたら、ふと気づいた。「いったいいつから、わたしは心の中で愚痴をこぼすようになったのか」。以前は、弱音を吐くことはなかった。黙って疲労感に耐えた。意志が弱くなった自分の変わりようにびっくりするとともに、それも仕方ないかと、病気の経年を言い訳にした。

さらに、考えた。一体全体愚痴をこぼすのと、何も考えず我慢するのと、どちらがいいのか。どちらもストレスがたまりそうである。というか、もうすでにかなりストレスがたまっいた。以前、疲労感があったときはどうだったか。少なくとも心の中で愚痴をこぼすようなことはなかった。

「いったん良くなったのだから、そのうちまた良くなるだろう」と、何も考えず黙って我慢してみた。そうしたら、いつのまにか眠ってしまった。目が覚めたら、午前0時過ぎ。電灯もTVもつけっ放し。どうせなら、このまま朝まで目が覚めなければよかったのにと思ったが、仕方ない。また眠りなおして、目が覚めたら午前3時半。まだ眠れると思って布団にとどまったが、眠れなかった。

もしかしたら、わたしは自分が思っている以上に疲れがたまっているのではないかと思って、試しに夕食後、そのまま眠ってもいいように支度してみた。疲れているときは天井を見て休むより、横向きに寝て、伸ばした左腕に頭をのせたほうが疲れが取れるようだ。すると、思った通り。夜中に一度も目が覚めることなく、午前6時に目が覚めた。姿勢は眠る前の姿勢そのまま。さらに、朝食を挟んで2時間眠ることができた。

「休んでいればすぐ良くなるだろう」などと考えて中途半端に起きているから、余計なことを考えてしまうのだ。夕食後すぐに横になって黙って休んでいればよかったのである。そうすれば、そのまま朝まで眠ることができる。就寝時刻の夜9時にこだわる必要は全くなかった。わたしの場合、就寝時に血圧を測ることになっていたので、それで夜9時までは起きていなければと考えていた。

考えてみれば、昨年の後半から、自分でもやり過ぎだと思うほど行動してきた。そのまま続くはずがないのだ。いったんやり過ぎても何ともないと、もっとやりたくなる。この繰り返しである。そのことをつい忘れてしまう。

夕食後の疲労感が激減したことは言うまでもないが、それでもここのところ、同じ手順を踏んで眠っている。TVが観られないのは不満が残るが、ストレスはなくなった。わたしの場合、「疲れた! 何とかしてくれ!」と考えるより黙って我慢したほうが良いようだ。7時のニュースもそのうち観られるようになるだろう。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/08(日) 04:07:33|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。