慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年1年を振り返って

今年1年を振り返って。

今年最もわたしを苦しめたのは、母の入院・手術。

9月のある日、母がかかりつけ医の紹介で、地域の総合病院に行ってきた。遅くに帰ってきた母が、一片の紙を差し出して「これ、あれで調べてくれない!?」と言う。「何?」「これなんて書いてある?」「何?」。紙に「黄斑上膜」と書いてあった。「これがどうしたの?」「いいからパソコンで調べて!」

眼科で検査した結果、両目が「白内障」で、左目に「黄斑上膜」があり、左目は「6カ月以内に手術をしないと目が見えなくなる」と言われたそうだ。ところが本人は、「パニックになって、何が何だか分からない」と言う。母を診た先生が「息子さんに、これをパソコンで調べてもらえば分かる」と紙に書いてもらったそうだ。

わたしは医学事典を紐解いてきちんと分かりやすく説明したが、母に病気を理解してもらうのは無理。医師に手術を勧められたのは間違いないので、手術の仕方と手術時間を説明し、いかに手術が簡単か繰り返し説明した。

「手術したほうがいいわよねえ?」「わたしはしたほうがいいと思うけれど。手術が怖かったらしなくてもいいんだよ」「しなかったら目が見えなくなっちゃんだもねえ! あした先生に手術お願いしに行ってくるわ。ああ、パソコンでちょっと調べて印刷してくれる」

医学事典よりネットの情報をありがたがるのは理解できないが、それで安心するならと、ネットで検索してどっかの病院の図入りの説明を印刷して母に渡した。それにしてもNHKの@チョイスを観ていてよかった。あれ観てなかったら、病気や治療法を説明できなかった。

静かにドアを閉め、力なく階段を降りる母の足音を聞きながら思った。「仕方ないなあ。行くか!」。母一人で病院に行かせるのはかわいそうだし、埒が明かないだろうと考え直して、翌日一緒についていくことにした。母を診た先生が休みだったので、別の先生が対応してくれた。そのほうがかえって良かった。専門的な話ができ、症状の進み具合が分かった。先生も含みを持たせる言い方をし、わたしだけに分かるようにしてくれた。

手術は10月に行われ、無事成功した。母が入院している間、わたしは昼までずーっと眠り、午後に病院へ行った。どんなに疲れていても、母の頼みは断らなかったが、母もわたしが疲れているのを承知しているから、無理な頼み事はしない。それで何とか切り抜けられた。

病院が自宅から遠いのにはちょっと困った。普通の人なら歩いて20分くらいだろうか。わたしは自転車で15分かかる。雨の日はもっと大変だ。バスに乗るため、家からバス停まで5分強歩かなくてはならない。それが、きつかった。入院は6日間だったが、あと2、3日長かったら持たなかったろう。

母が入院している間、自炊しなくてはならなかった。何とかなるだろうと思っていたが、最初の1、2日、準備や手順でてこずった。インスタント味噌汁を買ってきて作ろうとしたが作り方がわからない。「えーっと、あそうか、まず味噌と具をお椀に入れて、それからお湯を沸かして」。少し要領を得て、「目玉焼きを作るには、まずフライパンを温めて、油を足す!」。手順がめちゃくちゃ。まず、お湯を沸かして、椀に味噌と具を入れて、その間に目玉焼きをつくって……、となるべきだ。台所に立つのは20年ぶりだが、これでも調理師免許を持っている。初日は、作るのに30分以上かかったが、3日目には15分になった。

2日雨の日が続いたあと、いつものように面会に行って帰ってくると、雨が降り出した。天気予報では曇り。まいった。雨が続いていたので、買い物に行っていなかった。夕飯を抜かしてもいいが、あしたから食べるものがない。「たぶん行けるんじゃないか?」

そんな軽い気持ちだった。雨の中傘をさして、バス停より遠い最寄りのスーパーまで歩いて買い物に行った。おそらくバス停までの距離の約2倍あるだろう。スーパーまでは何とか行けた。ただし、足はフラフラだ。買い物の最中気づいた。「そうか重たいものを持って帰れない!」。スーパーの出口でもう後悔していた。「果たしてどこまで戻れるか!?」

バス停よりちょっと先までは戻れた。でも疲れて足が一歩も動かない。買い物袋一つ手に持って、そこから一歩も動けない。

あれが最初で最後の徒歩の買い物。もう二度と歩いて行くことはないだろう。歩くくらいなら、食事を抜いたほうがいい。

母が退院してからも、しばらく買い物を引き受けたが、幸いにも雨の日が少なくて助かった。私の体調がよければ、自転車で、駅前のスーパーまで買い物に行っている。もし、雨の日に買い物に行かなければならなくなったら、バスに乗って駅前のスーパーに行くことにする。あの疲労は二度とごめんだ。

今年最も良かったことは、もちろん母の目の手術が成功して、順調に回復していることだが、もう一つ。わたしが朝食を作るようになったことだ。朝食といっても簡単なものだが、それでも15分で、ベーコン・エッグ・トーストを作り、食べている間にコーヒーを淹れている。

あっ、翻訳作業が終わったことを忘れていた。徐々に改訂していくつもりだが、ひとまず終わり。

今年は本当にやることが多くて、ブログを更新できませんでしたが、来年はブログを更新できる1年になることを祈ります。みなさま、良いお年をお過ごしください。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 08:18:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。