慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の生活

やっと、補中益気湯の味に慣れました。服用を始めてから4カ月。日常生活がだいぶ変わりました。

朝目が覚めて、その日の疲労の度合いが、大体分かるようになりました。CFSの疲労は、眠ったり休息すれば回復するものではありませんが、それでも十分な睡眠と休息で、ある程度は軽減できます。目が覚めて、疲労が強ければ、朝食後に必ず2時間の睡眠をとるようにしました。眠かったり、関節・筋肉痛があるときも同じです。原因のほとんどは、前日の作業のやりすぎです。睡眠をとらなけば、その疲れは蓄積します。

午前中は頭が働かないので、頭を使う作業はしません。まず、近くのスーパーに買い物に行きます。自転車で5分。必ず開店直後に行きます。ほとんど客がいないので、5分で買い物ができます。わたしは基本的に歩けないので、雨の日には買い物に行けません。そのため、必ず買い置きします。

買い物をしたあと、休息してから家事をします。最近まで、休息を取りながらやっつけていたのですが、今は30分だけするようにして、数日に分けて少しずつするようにしました。

昼食後は、午前中の疲れがたまっているので、動けるようになるまで休息します。

13:00時過ぎから、頭を使う作業を始めます。月~金は大体、翻訳です。調子が良くても13:00時前には始めません。始めたところで頭が働かず、結局時間の無駄になるからです。

問題はここから。補中益気湯の服用を始めてから、どういうわけか新たな症状が出てきて困っています。頭が一番働く時間帯もずれてしまいました。

休息を十分とれば、15:00時まで約1時間集中していられるようになったのですが、15:00時には作業をすべてストップしなければならなくなりました。ときには14:00時にストップすることもあります。

新たな症状とは、眼精疲労。半年に1回、眼科で検診を受けているのですが、先月に行ったとき、相談してみたのですが、どうやら普段使っているPC用の眼鏡が原因ではないかと言われました。近距離用の老眼鏡なのですが、老眼が進んで年齢的に一番眼の筋肉に負担がかかるそうです。PCのディスプレイを見ているときは瞬きの回数が減って、眼が乾くそうです。10分おきに瞬きをすると良いと言われましたが、あまり効果はありません。休息するときに瞼(まぶた)の上から眼をもんでいるのですが、これは効果がありました。恥ずかしながら、わたしは今まで知らなかったのですが、人間の目は大体14歳までに完成して、あとは老眼が進むだけだと教えられました。わたしはある程度歳(とし)をとってから老眼が進むものだと思っていました。目薬をさして、作業を続けようとすると、ひどいめまいに襲われ、一気に疲れが増します。そうなってからでは遅いので、今は眼が疲れたらすぐに休息を取るようにしています。休息しても眼の疲れが取れなかったときは、作業をストップします。

もう一つ新たな症状が現れました。立ちくらみです。いわゆる起立性低血圧です。原因が分かりません。主治医に聞いたところ、別の病気の可能性があるそうです。夕方になると、ちょっと動いただけでひどい立ちくらみがします。15:00時には必ず横にならないと、次の日は午前中でも立ちくらみがします。今までなかった症状だけに、恐ろしくて仕方ありません。あれこれと原因を考えてしまいます。

夕食は、減量のため30分かけて食べたいのですが、またできなくなってしまいました。どうしても疲れます。

夕食後は、ほとんどダウンしています。就寝時刻は21:00時。本当は、服用している薬の関係で、21:00時前に、寝る前の薬をのんで寝てはいけないのですが、最近は、疲れていて起きていられないときはこれを無視して、20:30時前に就寝することがあります。たかが30分ですが、わたしには大きな時間です。この30分が翌日以降の活動に大きく影響します。

今のところ、無理しなければ、何とか寝込まずにいられます。ぎりぎりの活動量です。もう少し余裕を持って活動したいのですが、そうも言っていられません。その代り、調整日として土日に休みをいただいております。翻訳、地道に続けています。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/21(日) 05:26:23|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。