慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホチュウエッキトウ

3月に病院に行ったとき、主治医から「FJさん、漢方薬を試されたことありますか?」と尋ねられた。
わたしは「以前に」と答えました。
「『ホチュウエッキトウ』」って知ってます?」
「ええ、名前は聞いたことがあります」
「慢性疲労症候群の患者さんで効果があるようなんですよ。試してみます?」
わたしはちょっとためらいました。「以前に」と答えましたが、当時処方された漢方薬はお湯に溶かして飲まなくてはならなくて、非常にまずかったのです。
わたしは「それはお湯に溶かして飲むのですか?」と聞き返しました。
「顆粒(かりゅう)ですからそのまま食後2時間または食前に水で飲んでください。どうです?試してみますか?」
「ぜひ!」

ということで、帰りには薬局で大きな袋に入った「ホチュウエッキトウ」を渡され帰宅しました。渡された袋の中身を取り出してみると、1日3回分がつながった銀色のパッケージで、以前と同じツムラの薬でした。パッケージを見ると、番号の上に「補中益気湯」と書いてあります。読めませんでした。「補中」のあとが読めず、「あれー、先生なんって言ってたっけなー」。パッケージの番号の下に「ホチュウエッキトウ」と書いてありました。

次の日から早速、服用しました。朝食後2時間。私の第一声。「あー、まずい!もう一杯!!」。気分はすっかり、八名信夫(分かる人には分かる)。いったん、舌の下の方に薬を含んだのですが、味蕾(みらい)に触れた途端「まずい!」。もうこれしか形容できません。粉末であれば、大量の水で流し込めるのですが、顆粒で水に溶けず、歯茎とか舌の下にくっついてなかなか飲み込めません。わたしと違って、先に水を含んでから薬を飲む人ではどうなるのだろうか、と余計な心配をしてしまいました。

食後2時間だと、どうしても服用するのを忘れてしまうので、食前に切り替えましたが、それでも時々忘れてしまいます。

最初は特に何の改善もみられなかったのですが、1カ月服用してみて、やっと変化が現れました。

まず食欲が出てきました。主治医には「あと10キロ痩せなさい」と言われていたのですが、この1か月間で体重が5キロ増えました。そのせいか、少しだけ体力が回復しました。夕食は、いつも途中で疲れて食べるのをやめていたのですが、ここのところ30分弱は食べていられるようになりました。30分以上食事をしていても大丈夫なのですが、その場合、食べたあと必ず牛君になります。

それから、30分以内なら外に買い物に行けるようになりました。もちろん、歩けないので自転車で近くのスーパーマーケットに行くだけなのですが、試しにちょっと遠くの百貨店に行ってみましたが、買い物自体はできるのですが、帰ってきてから疲れが出て、かなり休まなくてはなりませんでした。

それから、全身の倦怠感がなくなりました。これは大きな改善で、いつも疲れる前に、万年床の布団に横になっていたのですが、布団を片寄せするようになりました。ただし、休息は相変わらず必要です。

前回も触れましたが、朝早く起きても二度寝することができるようになりました。

そして何といっても、活動後の影響がすぐに出るようになったことです。これには、最初戸惑いました。すこしだけ体力がついたので、1回の活動時間が長くなりかけたのですが、やりすぎだと気づいて、慌てて修正しました。活動時間が長くなり、休息時間が長くなって、30分の休息のとき、そのまま1時間眠ってしまうことが多くなりました。それを気づかせてくれたのが母の一言、「さっきから溜息(ためいき)ばっかりしている」。わたしは溜息をついていたのではなく、疲れて「はーっ」と言っていたのです。どちらかというと「あー疲れた、一息入れよう、『はーっ』」の「はーっ」です。普段運動をしていないので、うまく息をつけなかったのです。母には溜息に聞こえたのでしょう。

このことに気づいてから、息をついたときには、すぐに作業をストップして休むようにしました。今までは、いつも疲れていたのでこのようなことはなかったのですが、今は作業に熱中していると自分が疲れているのかどうか分からなくなります。以前は、買い物に行くと、次の日からひどい疲れが出ていましたが、今は、買い物の帰り道で疲れが分かります。

補中益気湯はまずいのが玉に瑕ですが、わたしには効果がありました。特に体力が改善されました。マイナス面もあるのですが、それは、以前からわたしが持っている体質、というか姿勢の問題なので、それも含めて少し回復したというところでしょうか。

補中益気湯を試される方は、体重増に気をつけてください。わたしは、とりあえず5キロ減量しなくっちゃ。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/12(日) 06:36:17|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。