慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ながら作業をしたい

以前はできていたが、今できないことがたくさんある。その中の一つで、最近もどかしく思っているのが、並行作業ができないことである。

どうしてもできないのが、ラジオや音楽を聴きながらの作業だ。ラジオを聞きながら作業をすると、ラジオを聞くためにはパーソナリティー(今はDJと言わないらしい)の言うことに集中しなければならない。そうすると作業の手が止まる。どんな単純な作業でも、ラジオを聞くためには全集中力をラジオに向けなければならない。

当然、作業のほうが優先されるので、結局ラジオを付けている意味がない。せめてBGMぐらいにはなるだろうと思って付けていたが、全然意味をなさない。

それどころか、頭を使う作業ではかえってラジオは邪魔になる。集中力が途切れてしまうのだ。

音楽を聴きながら作業をするというのも、似たり寄ったりである。クラシックを聴きながら作業をしようとすると、第一楽章の導入部までは覚えているが、気が付くと最終楽章のコーダを聴いている。それだけ作業に集中しているということなのだろうが、どうしても合点が行かない。

中学時代、試験勉強には徹夜がつきもので、「オールナイトニッポン」を聞きながら勉強したものだ。そうして勉強したものが身に付いているとも思えないのだが、少なくともラジオを聞きながら作業をするという「特殊能力」を持っていたことは確かだ。

音楽を聴きながらの作業は、クラシックとポップスが駄目で、フュージョンやジャズならばBGMとして使えることが分かった。ラジオについては、そのうちラジオタイムを新たに設けて時間を限って聞きたい。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/20(日) 07:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。