慢性疲労症候群(CFS)との付き合い方

慢性疲労症候群(CFS)のわたしが日常生活を送る上で、その徒然な生活やふと思うことを書き記すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愚痴はストレスがたまる

「お母さん! 先生! 誰でもいいから助けてくれ!」。心の中で叫ぶ。

夕食後、布団に張りついたまま動けず、布団に沈み込む。毎晩毎晩、もういや、というほどひどくて辛い疲労感。くたくたでTVを観る元気もない。寝返りするのも辛い。

正月、松の内が終わってから、夕食後に強い疲労感に襲われるようになった。毎度毎度の疲れなので驚きはしないが、それでも辛い。何か原因があるのだろうと、活動記録を見てみるが思い当たることはない。買い物を週2回まで減らしたが、効果がない。

先日、夕食後に「誰か助けてくれ!」とまた心の中で叫んでいたら、ふと気づいた。「いったいいつから、わたしは心の中で愚痴をこぼすようになったのか」。以前は、弱音を吐くことはなかった。黙って疲労感に耐えた。意志が弱くなった自分の変わりようにびっくりするとともに、それも仕方ないかと、病気の経年を言い訳にした。

さらに、考えた。一体全体愚痴をこぼすのと、何も考えず我慢するのと、どちらがいいのか。どちらもストレスがたまりそうである。というか、もうすでにかなりストレスがたまっいた。以前、疲労感があったときはどうだったか。少なくとも心の中で愚痴をこぼすようなことはなかった。

「いったん良くなったのだから、そのうちまた良くなるだろう」と、何も考えず黙って我慢してみた。そうしたら、いつのまにか眠ってしまった。目が覚めたら、午前0時過ぎ。電灯もTVもつけっ放し。どうせなら、このまま朝まで目が覚めなければよかったのにと思ったが、仕方ない。また眠りなおして、目が覚めたら午前3時半。まだ眠れると思って布団にとどまったが、眠れなかった。

もしかしたら、わたしは自分が思っている以上に疲れがたまっているのではないかと思って、試しに夕食後、そのまま眠ってもいいように支度してみた。疲れているときは天井を見て休むより、横向きに寝て、伸ばした左腕に頭をのせたほうが疲れが取れるようだ。すると、思った通り。夜中に一度も目が覚めることなく、午前6時に目が覚めた。姿勢は眠る前の姿勢そのまま。さらに、朝食を挟んで2時間眠ることができた。

「休んでいればすぐ良くなるだろう」などと考えて中途半端に起きているから、余計なことを考えてしまうのだ。夕食後すぐに横になって黙って休んでいればよかったのである。そうすれば、そのまま朝まで眠ることができる。就寝時刻の夜9時にこだわる必要は全くなかった。わたしの場合、就寝時に血圧を測ることになっていたので、それで夜9時までは起きていなければと考えていた。

考えてみれば、昨年の後半から、自分でもやり過ぎだと思うほど行動してきた。そのまま続くはずがないのだ。いったんやり過ぎても何ともないと、もっとやりたくなる。この繰り返しである。そのことをつい忘れてしまう。

夕食後の疲労感が激減したことは言うまでもないが、それでもここのところ、同じ手順を踏んで眠っている。TVが観られないのは不満が残るが、ストレスはなくなった。わたしの場合、「疲れた! 何とかしてくれ!」と考えるより黙って我慢したほうが良いようだ。7時のニュースもそのうち観られるようになるだろう。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/08(日) 04:07:33|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物忘れ

15年ほど前、あまりにも物忘れが激しくて、神経内科で知能テストを受けたことがあります。

心配した通り、惨憺(さんたん)たる結果だったのですが、自分でびっくりしたのは文章を読めなかったことでした。

ある時間文章を読んで、その内容を説明するというテストがあったのですが、どういうわけか文章が読めない。文章を目で追っても、全然頭に入ってこない。まるで初めて見る文字を読むようでした。何とか解読できたのは「おじいさん」と「おばあさん」という単語だけでした。

もう物忘れどころではありません。こんな経験は生まれて初めて。この状態が恐ろしくて冷や汗が出ました。どうしたらいいか。決断は早かったです。天声人語を読もう!

さっそく次の日から天声人語を読むことを始めましたが、いくら時間をかけても読めません。どうしたらよいか? とにかく文字を認識しよう! わたしはワープロで一字一字文字をタイプしました。へとへとになるほど時間がかかりましたが、これが良かった。4割ぐらいは書いてあることが分かりました。これで大いに自信がつきました。

2年後には、社説もタイプして、『現代用語の基礎知識』でわからない時事用語を調べるようになり、これが日課になりました。

物忘れもいつの間にかしなくなり、タイプにかかる時間でその日の調子が分かるようになりました。

また、当時は20世紀から21世紀に移る時期で、読んで調べて非常に面白かったのです。そして平易な文章と読みやすい用語。

6年前に症状がぶり返したとき、主治医に相談したところ、「内容が分からなくてもいいから読んでください」と言われました。今は活動できる時間が限られているので、読むだけにしていますが、そのうちまた始めたいと考えています。目指すは読書。もう20年以上読書していません。

物忘れが多い方、読書できない方は、皆さんの購読している新聞のコラムや社説をタイプする、書き写すなどしてはいかがでしょうか。各新聞社のコラムや社説はサイトで無料で読めます。
  1. 2014/02/09(日) 07:00:06|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PC修理が終わりました

ようやくPCの修理が終わりました。日常生活からPCが消えて、約1カ月半。初めは時間を持て余しましたが、読書をして過ごそうかと考えましたが、やってみたら頭に入れることができずに三日で断念しました。

普段頭を使っていないのがいけないと考え、今度は数学の本に挑戦しようと思い立ちました。これが功を奏して、だいぶ思考回路が回復しました。数学の公式を証明するのが面白くて、熱中しました。布団の上に寝転んで公式を覚え、鉛筆でノートに証明過程を書いていきます。これが面白くて、なかなかやめられず、両肘が痛くなるまで続け、夜更かしする日が多くなりました。

夜遅くまで起きていると、興奮して眠れず(試しに血圧を測ってみたら140mmHgを超えていました)、結局次の日の夜まで眠れないでいました。日中に眠ろうとしても眠れず、一番いい方法は、眠たくなるまで起きていることだと分かりました。

ということで、生活のリズムがすっかり乱れてしまっていたのですが、PCが修理から戻ってきて、また翻訳を始めると、今までの不摂生な生活が嘘のように終わり、通常の生活パターンに戻りました。

通常の生活パターンに戻ると同時に、病状も戻りました。どうしても15:00時には作業を終えて、横にならないと具合が悪くなります。どうやらデスクワークがよくないようです。椅子に座っている体勢がだめなのか、ディスプレイを見ている時間が長いのか。ここらへんに改善のキーがありそうです。

月に一回はブログを更新しようと思っているのですが、具合が悪くてなかなか書き込めません。今回、スローライフにすれば、もう少し改善できるのではないかと考えています。あまり計画通りに生活しても、息が詰まってしまいます。
  1. 2014/01/12(日) 06:16:08|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の生活

やっと、補中益気湯の味に慣れました。服用を始めてから4カ月。日常生活がだいぶ変わりました。

朝目が覚めて、その日の疲労の度合いが、大体分かるようになりました。CFSの疲労は、眠ったり休息すれば回復するものではありませんが、それでも十分な睡眠と休息で、ある程度は軽減できます。目が覚めて、疲労が強ければ、朝食後に必ず2時間の睡眠をとるようにしました。眠かったり、関節・筋肉痛があるときも同じです。原因のほとんどは、前日の作業のやりすぎです。睡眠をとらなけば、その疲れは蓄積します。

午前中は頭が働かないので、頭を使う作業はしません。まず、近くのスーパーに買い物に行きます。自転車で5分。必ず開店直後に行きます。ほとんど客がいないので、5分で買い物ができます。わたしは基本的に歩けないので、雨の日には買い物に行けません。そのため、必ず買い置きします。

買い物をしたあと、休息してから家事をします。最近まで、休息を取りながらやっつけていたのですが、今は30分だけするようにして、数日に分けて少しずつするようにしました。

昼食後は、午前中の疲れがたまっているので、動けるようになるまで休息します。

13:00時過ぎから、頭を使う作業を始めます。月~金は大体、翻訳です。調子が良くても13:00時前には始めません。始めたところで頭が働かず、結局時間の無駄になるからです。

問題はここから。補中益気湯の服用を始めてから、どういうわけか新たな症状が出てきて困っています。頭が一番働く時間帯もずれてしまいました。

休息を十分とれば、15:00時まで約1時間集中していられるようになったのですが、15:00時には作業をすべてストップしなければならなくなりました。ときには14:00時にストップすることもあります。

新たな症状とは、眼精疲労。半年に1回、眼科で検診を受けているのですが、先月に行ったとき、相談してみたのですが、どうやら普段使っているPC用の眼鏡が原因ではないかと言われました。近距離用の老眼鏡なのですが、老眼が進んで年齢的に一番眼の筋肉に負担がかかるそうです。PCのディスプレイを見ているときは瞬きの回数が減って、眼が乾くそうです。10分おきに瞬きをすると良いと言われましたが、あまり効果はありません。休息するときに瞼(まぶた)の上から眼をもんでいるのですが、これは効果がありました。恥ずかしながら、わたしは今まで知らなかったのですが、人間の目は大体14歳までに完成して、あとは老眼が進むだけだと教えられました。わたしはある程度歳(とし)をとってから老眼が進むものだと思っていました。目薬をさして、作業を続けようとすると、ひどいめまいに襲われ、一気に疲れが増します。そうなってからでは遅いので、今は眼が疲れたらすぐに休息を取るようにしています。休息しても眼の疲れが取れなかったときは、作業をストップします。

もう一つ新たな症状が現れました。立ちくらみです。いわゆる起立性低血圧です。原因が分かりません。主治医に聞いたところ、別の病気の可能性があるそうです。夕方になると、ちょっと動いただけでひどい立ちくらみがします。15:00時には必ず横にならないと、次の日は午前中でも立ちくらみがします。今までなかった症状だけに、恐ろしくて仕方ありません。あれこれと原因を考えてしまいます。

夕食は、減量のため30分かけて食べたいのですが、またできなくなってしまいました。どうしても疲れます。

夕食後は、ほとんどダウンしています。就寝時刻は21:00時。本当は、服用している薬の関係で、21:00時前に、寝る前の薬をのんで寝てはいけないのですが、最近は、疲れていて起きていられないときはこれを無視して、20:30時前に就寝することがあります。たかが30分ですが、わたしには大きな時間です。この30分が翌日以降の活動に大きく影響します。

今のところ、無理しなければ、何とか寝込まずにいられます。ぎりぎりの活動量です。もう少し余裕を持って活動したいのですが、そうも言っていられません。その代り、調整日として土日に休みをいただいております。翻訳、地道に続けています。
  1. 2013/07/21(日) 05:26:23|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホチュウエッキトウ

3月に病院に行ったとき、主治医から「FJさん、漢方薬を試されたことありますか?」と尋ねられた。
わたしは「以前に」と答えました。
「『ホチュウエッキトウ』」って知ってます?」
「ええ、名前は聞いたことがあります」
「慢性疲労症候群の患者さんで効果があるようなんですよ。試してみます?」
わたしはちょっとためらいました。「以前に」と答えましたが、当時処方された漢方薬はお湯に溶かして飲まなくてはならなくて、非常にまずかったのです。
わたしは「それはお湯に溶かして飲むのですか?」と聞き返しました。
「顆粒(かりゅう)ですからそのまま食後2時間または食前に水で飲んでください。どうです?試してみますか?」
「ぜひ!」

ということで、帰りには薬局で大きな袋に入った「ホチュウエッキトウ」を渡され帰宅しました。渡された袋の中身を取り出してみると、1日3回分がつながった銀色のパッケージで、以前と同じツムラの薬でした。パッケージを見ると、番号の上に「補中益気湯」と書いてあります。読めませんでした。「補中」のあとが読めず、「あれー、先生なんって言ってたっけなー」。パッケージの番号の下に「ホチュウエッキトウ」と書いてありました。

次の日から早速、服用しました。朝食後2時間。私の第一声。「あー、まずい!もう一杯!!」。気分はすっかり、八名信夫(分かる人には分かる)。いったん、舌の下の方に薬を含んだのですが、味蕾(みらい)に触れた途端「まずい!」。もうこれしか形容できません。粉末であれば、大量の水で流し込めるのですが、顆粒で水に溶けず、歯茎とか舌の下にくっついてなかなか飲み込めません。わたしと違って、先に水を含んでから薬を飲む人ではどうなるのだろうか、と余計な心配をしてしまいました。

食後2時間だと、どうしても服用するのを忘れてしまうので、食前に切り替えましたが、それでも時々忘れてしまいます。

最初は特に何の改善もみられなかったのですが、1カ月服用してみて、やっと変化が現れました。

まず食欲が出てきました。主治医には「あと10キロ痩せなさい」と言われていたのですが、この1か月間で体重が5キロ増えました。そのせいか、少しだけ体力が回復しました。夕食は、いつも途中で疲れて食べるのをやめていたのですが、ここのところ30分弱は食べていられるようになりました。30分以上食事をしていても大丈夫なのですが、その場合、食べたあと必ず牛君になります。

それから、30分以内なら外に買い物に行けるようになりました。もちろん、歩けないので自転車で近くのスーパーマーケットに行くだけなのですが、試しにちょっと遠くの百貨店に行ってみましたが、買い物自体はできるのですが、帰ってきてから疲れが出て、かなり休まなくてはなりませんでした。

それから、全身の倦怠感がなくなりました。これは大きな改善で、いつも疲れる前に、万年床の布団に横になっていたのですが、布団を片寄せするようになりました。ただし、休息は相変わらず必要です。

前回も触れましたが、朝早く起きても二度寝することができるようになりました。

そして何といっても、活動後の影響がすぐに出るようになったことです。これには、最初戸惑いました。すこしだけ体力がついたので、1回の活動時間が長くなりかけたのですが、やりすぎだと気づいて、慌てて修正しました。活動時間が長くなり、休息時間が長くなって、30分の休息のとき、そのまま1時間眠ってしまうことが多くなりました。それを気づかせてくれたのが母の一言、「さっきから溜息(ためいき)ばっかりしている」。わたしは溜息をついていたのではなく、疲れて「はーっ」と言っていたのです。どちらかというと「あー疲れた、一息入れよう、『はーっ』」の「はーっ」です。普段運動をしていないので、うまく息をつけなかったのです。母には溜息に聞こえたのでしょう。

このことに気づいてから、息をついたときには、すぐに作業をストップして休むようにしました。今までは、いつも疲れていたのでこのようなことはなかったのですが、今は作業に熱中していると自分が疲れているのかどうか分からなくなります。以前は、買い物に行くと、次の日からひどい疲れが出ていましたが、今は、買い物の帰り道で疲れが分かります。

補中益気湯はまずいのが玉に瑕ですが、わたしには効果がありました。特に体力が改善されました。マイナス面もあるのですが、それは、以前からわたしが持っている体質、というか姿勢の問題なので、それも含めて少し回復したというところでしょうか。

補中益気湯を試される方は、体重増に気をつけてください。わたしは、とりあえず5キロ減量しなくっちゃ。
  1. 2013/05/12(日) 06:36:17|
  2. CFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。